ECサイトの商品詳細ページを魅せるために押さえたい4つのポイント!

商品詳細ページの4つのポイント!雪国のホームページカウンセラー、小杉聖です。

雪の中を歩くPVを撮ろうと思っていた時に限って、雪が積もってないというね。
今日は寒いとはいえ、春ですね。

さて、今日はマミオン有限会社さんの記事から。
この第1回目を見ていてオモシロイなーと思っていたので、2回目の記事をご紹介!

引用元:全てのECサイトがユーザーテストで確認しておくべきポイントⅡ:商品説明 | マミオン有限会社-シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

http://youtu.be/AwS_x7uhIu0

ユーザーテストは一般的に「そのページ(サイト)の使い勝手」をテストするものですが、操作上の問題改善だけではなく「目的がストレスなく達成できるか」という部分にもフォーカスしたいところ。

下記は記事からの引用です。

そしてユーザーテストを行う際は、以下のポイントを特に確認すべきです。
・商品について不明な点を残していないか
・商品の写真は購入を決めるのに十分か
・購入ボタンはすぐに見つけることができるか
・他に必要な情報や、削除すべき情報はないか

テストをしなくても、この4つはポイントになります。
先に踏まえてテストをすれば、仮説検証もできますね。

シニアの行動がとても参考になるマミオンさんの記事。

マミオンさんと言えば、シニアマーケティングのプロフェッショナルで、特にシニア向けのユーザーテスト体験談の記事がとても興味深いのです。

制作者や提供側が想定する、右斜め上を軽く超えた行動をするという結果に、目からウロコです。

もちろん、ターゲットがシニアでなければここまで考える必要はないのかもしれませんが、固執しない自由な発想を得るには十分です。

参考:ユーザーテスト体験談 | マミオン有限会社-シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

是非チェックしてみてください(^_^)

1978年、新潟県南魚沼市生まれ、長岡市在住。夫と子ども2人をこよなく愛す。

教員養成課程を修了して教員免許を取得するも、民間企業に就職して12年近くウェブ制作に関わる。デザインから開発まで、制作業務をトータルでこなすオールラウンダー。

2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月に起業、コスギスとして活動。心理学に基づいたコンテンツ分析と、SNSなども含めた幅広いウェブマーケティング、そしてWordPressでのサイト構築を得意とする。

ウェブ活用の人材を育てる「ウェブ解析士認定講座」や関連セミナーを新潟県内で唯一定期開催。WACAアワードにて 2016年 Best of Best を受賞。2017年 ペライチ公式 新潟県代表サポーター。

初心者向けのWordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)や、ホームページ勉強会を主催。セミナー講師としても活動中。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL