【コレ何?】ホームページ作成に WordPress がオススメな理由・その1

WordPressロゴはい、ごめんください。
利益・感動主義のウェブコンサルタント、小杉聖です。

「ホームページを作りたいです!」「ワードプレスって何ですか?」と聞かれることも多いので、そんな内容を5回くらい(5回で終わるのか…?)にわけて連載したいと思います。

今回は、そもそも「ワードプレス」って何ぞや?というお話です。

ホームページ作成にワードプレスがオススメな理由

  1. WordPress って何ぞや?
  2. WordPress を使わない方が良い場合
  3. WordPress の世界的シェアは?
  4. WordPress の プラグイン が魅力的すぎる件
  5. ビジネス用 WordPress の テーマ 3選

ホームページは、どうやって作ればいい?

ホームページを自分で作る・誰かに任せるにしても、どうやって作れば良いでしょうか。

ここを知っておくと、外注する際にも「できるところは自分でやります」と費用を抑えられるので覚えておくと良いですよ。逆に「これだけ大変なんだな」というボリュームも把握できます。

家を建てることに例えてみる

ホームページはネット上の家(お店)ですまず、ワードプレスを使っても使わなくても、あらかじめ必要なモノ(目的、設計、デザイン)は用意されているという前提です。

通常のホームページは、柱を組んで、壁を作って、部屋を作って…と、よいしょよいしょと建てていきます。建てながら、必要なものを組み込んでいきます

ワードプレスはモデルハウスのようなもので、まずいきなりドーンと家が建ちます。ただ中身は空っぽなので、後からリフォームするようなイメージです。

リフォームは大変?

V. F. W. model gift home of 1952, Chancellor Ave. at Elizabeth Ave., Newark, N. J.「後からリフォームするのって大変じゃない?」と思われるかもしれません。

半分くらいは正解ですが、技術的な知識がそれほどなくてもリフォーム可能なので、ゼロから建てるよりはずっと簡単です。

モデルハウスに内装や家具がセットになっているのと同様に、ワードプレスには、

  • 見た目的なデザイン
    ※「テーマ」といいます。公式サイトには2,000種類以上登録されています
  • 追加できる機能(お問い合わせフォームなど)
    ※「プラグイン」といいます。公式サイトには30,000件くらい登録されています

が用意されているので、それらを利用すれば、簡単にリフォームできてしまいます。

例えば、お問い合わせフォームを作ろうと思ったら、

  1. お問い合わせ用のページを追加して、必要事項を書いておく(10分)
  2. お問い合わせ用の項目を作る(10分)
  3. お問い合わせ内容のメール文を作る(10分)

と、30分もあればできてしまいます。

もちろん、フォームのデザインや、お問い合わせ後のサンクスページや動線についてはまた別の話ですので、作ることに時間・費用をなるべくかけず、設計部分に注力することができるということです。

ゼロから作るにしてもリフォームにしても大変な部分は?

Harry Seidler, Rose Seidler House- 1950例えば、

「オリジナルなデザインにしたい」
「これこれこういう機能が欲しい」

というような場合は、カスタマイズが必要になります。ただし、大変 = 時間も費用もかかる ということです。

ホームページを作る目的を、思い出してください。

  • 売上をアップしたいから?
  • 申込を増やしたいから?
  • 広く認知(ブランディング)したいから?

その目的と、やろうとしていることを照らしあわせてください。

  • ショッピングカートを入れたら売上が上がるのか?
  • デザインに凝ったら申込が増えるのか?
  • 便利機能を入れたら口コミが起きて認知されるのか?

手段は目的を達成するためのものであるべきです。
特に、時間も費用もかかるところはキッチリと見直して、スリムで効率的なホームページを目指してくださいね。

次回は、ワードプレスを使わないほうが良い場合についてお話しします。

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?