WordPress 初心者でも WordCamp Tokyo 2014 を楽しむために #wctokyo

bnr_wct2014_250x250はじめましての方もそうでない方も、
ごめんください。小杉と申します。

今日は、今週末に開催される WordCamp Tokyo 2014 のリレーブログとして書かせていただきました。

WordPress(ワードプレス)が大好きです。

WordPress が大好きです!

さくっとホームページを作れて、

必要な機能をペロッと実現できて、

適当にカッコよく見せることができて、

更新やメンテナンスも簡単で、

今まで HTML タグから作っていた制作の手間が一気に軽減されたので、救世主かと思いました。

そう、WordPress は効率良くホームページを作れるシステムなんです!

……そうして惚れ込んだのが、5年ほど前。

2年ほど前から地域コミュニティの WordBench(ワードベンチ)にはぼちぼち参加していますが、 今回のような WordCamp(ワードキャンプ) には参加したことがありませんでした。

だからこそ今日の記事は、リレーブログにも手を上げて自らの首を締めつつも、私のようなモグリ(?)の人や、「そもそも WordPress って、仲間が集まってわいわいするイベントがあるんだ!」という方の参考になれば幸せです。

※もうひとつの目的は、おのぼりさん間違いなしの私が WordCamp Tokyo 2014 というものをどういう風に考えていて、認識を確認するための記事でもあります( ー`дー´)キリッ

というわけで、基本中の基本に立ち返った記事です。

WordCamp Tokyo 2014 は、WordPress のおまつり

WordCamp Tokyo 2014 は、WordPress を軸にした大きなイベントです。

キャンプ(Camp)という名がついていますが、泊まりがけで夜通し楽しむようなイベントではありません。(これ、何気に誤解していたのは私だけではないはず……と思いたい……)

具体的な定義は、公式サイトを見ていただくのが一番ですね。

参考:WordCamp の内容 | WordCamp Japan

参考:WordCamp Tokyo 2014 | 2014年のWordCamp Tokyoは10月11日開催です!

セッション(講演)がいくつも開催されたり、交流会や、その場で質問できるフォーラム(質問会)もあるようです。企業ブースもあるようですね?

「WordPress そのものが好き!」という愛があれば、初心者から上級者まで楽しめる内容です。

そう、愛があれば……!

“WordPress(ワードプレス)って、なんですか?”

今回の WordCamp Tokyo 2014 のテーマは、「これからの WordPress のはなしをしよう」です。

地方の井戸の中から WordPress への愛を叫んでいる私にとって、これからもっと大切にしたいのは、WordPress の啓蒙です。

新潟にも WordBench 新潟 というコミュニティがありますが、参加される方の顔ぶれはほとんど変わりません。※WordPress に興味がある方なら、いつでも大歓迎です!

セミナーや異業種交流会などで「WordPress を知っている方〜?」と伺っても、ちらほらとしか手があがりません。

さすがに、サイト制作業務を行なっている方は手をあげてくれますが、コミュニティに参加しているかというと、そうでもありません。

業者に作ってもらったホームページが WordPress だったりすることで、「使ってはいるけど、よくは知らない」という状態の方も多いようです。

もちろん、新潟県内でも著名な方はいらっしゃいます。

ただ、WordPress がなんなのか、知らない人・知らずに使っている人がまだまだ多いんですね。

思いをカタチにできる、それが WordPress です。

個人的に、WordPress(に限らず CMS 全般)はネットサーフィン初心者(検索をうまく使えない人・画面を見ても何をしたらいいのか迷う人)にはハードルの高いものだと思っています。
ネットサーフィンとか、すでに死語なのかな……。

私は、比較的そんな初心者の方々を相手にしている事が多いので、意図的に “ワードプレス” と “WordPress” を使い分けていることがあります。
(アルファベットになると途端に理解できないという方も多いです)

「 これからの WordPress」は、技術革新もあったり、グローバル展開だったり、できることがどんどん広がって、セッションも非常に魅力的です。

だからこそ、役割分担が必要なんだろうな、と思うようになりました。(今更感!)

  1. 可能性の拡大(イノベーション)
  2. 運用中の疑問や課題のディスカッション(フォーラム)
  3. 実現方法の提案(目的ベースの考え方)
  4. わからないところさえわからない方へのフォロー

個人的に大事にしたいところは3と4です。そして、WordPress の魅力を知ってくれた方が、2に参加できるようになれたらいいなって。

WordPress を知っている程度でも、
WordCamp Tokyo 2014 を楽しめるはず!

WordCamp Tokyo 2014 は、上の1と2がメインになると思いますが、プログラムを見る限り3と4に該当する方を拒絶するものではありません。

むしろ WordPress の魅力を直に体感できるので「まだよくはわからないけど、WordPress ってオモシロイんだな!」と思っていただけるのではないかと思います。

少なくとも「専門的な話ばかりで、すごく場違いな気がしていたたまれなくなった……」ということは、ないと思います。たぶん……(私も初めてなので)

楽しむ事を目的にコミュニティに飛び込んでもらえれば、あなたが初心者でも、フォローしたいという方は大勢いるはずです。

初心者の方におすすめの内容はコレ!

セッション紹介のタイムテーブルから、初心者の方におすすめの内容を考えてみました。

参考:セッション紹介 | WordCamp Tokyo 2014

  • 9:45~9:50 WordCamp の楽しみ方(メインステージ)
    → まずは WordCamp Tokyo 2014 って何?ということを押さえておきましょう。
  • 10:00〜10:45 勉強の仕方を教えあう部屋(会議室B)
    → まず、初心者がどんな風に勉強したらいいのか、実際に聞けるのではないかと思います。
  • 11:00〜11:45  仲間を作ろう(会議室A)
    → そして交流してみましょう。きっと声をかけてもらえるはず!
    (交流スペースよりも仲間づくりを目的としているのでオススメ)
  • 12:00~13:00 ランチLT(わぷーステージ)
    → 有志が簡単に発表しているのを見ながら、ご飯を食べます。割とゆるい話が聞けるでしょう。
  • 13:00~13:45 おすすめプラグイン&テーマ部屋(会議室A)
    → ここは迷うところですが、初心者のかたはフォーラムで質問できるほどの課題をまだ持っていないことが多いので、あえてプラグインとテーマを聞いておいたほうが、知識が一気に広がります。
  • 14:00~14:45 その道のプロに聞く!これからの情報発信(メインステージ)
    → WordPress の「運用」部分となるセッションです。これは聴いておきたい!
  • 15:00~15:45 座談会:その道のプロに聞く!これからの情報発信(イエローたたみ)
    → 運用部分の話は、深く聴いておいて損はありません。会議室ABも捨てがたいですが……!
  • 16:00~16:45 WordPressの真髄を探る!ビギナーからのステップアップ術(わぷーステージ)
    → 現在はまだ内容が出ていないので推測ですが、少々難しい話かもしれません。でも、ここまで来たらある程度は理解できる内容かと思います。せっかくならステップアップしたいですね!
    難しいと感じたら、会議室ABに向かっても(笑)
  • 17:00 おわりのあいさつ(わぷーステージ)
    → 盛大なイベントを開催してくれたスタッフさんに感謝の気持ちを持ちながら、クールダウンしましょう。

ブルーたたみ以外の会場は網羅できる内容になりました。

「このとおりに行けば楽しめるなら、ちょっと行ってみようかな」と思ってもらえたら嬉しいです!

あと、このスタンプラリーは全体チェックしたい!

参考:オリジナルグッズをGETするチャンス♪スタンプラリー&ブースツアーに参加しよう! | WordCamp Tokyo 2014

WordCamp Tokyo 2014 は登録しなくても参加できますが、参加表明するぞー!と思われたら、ぜひポチッと参加登録してくださいね。

コチラから → 参加登録 | WordCamp Tokyo 2014

当日は会場でキョロキョロしているかと思いますが、見かけたら声かけてやってください(^_^)

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?