W3 Total Cache で真っ白になったときの復旧方法

はい、ごめんください。コスギです。
毎月、初心者向けの WordPress 無料勉強会を新潟県の長岡市でやっているので、お近くの方はぜひお越しください。時々新潟市でもやってますよー

参考:Niigata WordPress Meetup (新潟市, 日本) | Meetup

W3 Total Cache でコケた

ホワイトアウト

その場で色々なことをやっているのですが、速度改善にオススメのプラグインということで W3 Total Cache を紹介したところ、有効化したらページが真っ白に……ソースを見ても真っ白。WP_DEBUG を true にしても真っ白

紹介した手前、めちゃくちゃ焦る気持ちをよそに「♪こーごーえそーうなっ きせーつーにきーみは〜♪」とか頭の中でぐるぐるまわるわけですよ。今記事を読んでいる人もそんな感じだと思います。が、まずは落ち着きましょう

そもそもキャッシュに関わるエラーというのは、一時的に保存されたデータ(キャッシュ)を参照しているせいで起こります。多少普段とは違う手順が必要になるかもしれませんが、どこに保存されているものを見ているのかにアタリをつけていけば解決できます。

  1. ファイル
  2. 設定
  3. レンタルサーバー

の順で確認していきましょう。

ただ、W3 Total Cache そのものはとても良いプラグインなので、使えるに越したこはありません。それぞれの手順の合間にサイトを確認して復旧できたら、なんとかして利用する方法を模索してみてください。

※他のキャッシュプラグインを併用していない前提での説明です。これでも直らなければ、右下のチャットボックスやお問い合わせフォームからご相談ください。状況の判断くらいならできると思いますが、復旧の保証はできませんのでご了承ください。

キャッシュファイルを確認して削除

プラグインからキャッシュされているファイルを削除

まだプラグインを有効化してあるなら、[Performance]→ [General Settings]のそれぞれの項目にある「Enable」のチェックをすべて外してください

General_Settings

そのあと[Save all setting]をクリックして状況を保存します。ボタンは色々なところにありますが、チェックを全部外してから1回クリックして画面が変わり、「Plugin configuration successfully updated.」というメッセージが表示されればOKです。

そして[Performance]→[Dashboard]で[empty all cache]をクリックし、すべてのキャッシュを削除します。

その後で、プラグインを無効化して、削除しておきましょう。

手動で関連ファイルを削除

上記でファイルは削除されているはずですが、まだ残っている可能性もあります。FTPか、レンタルサーバーの管理画面から「ファイル管理(ファイルマネージャーとも言われます)」で以下のファイルを探して、存在していたら手動で削除してください。

  • wp-content/cache/
  • wp-content/plugins/w3-total-cache/
  • wp-content/w3tc/
  • wp-content/w3tc-config/
  • wp-content/advanced-cache.php
  • wp-content/db.php
  • wp-content/object-cache.php
  • wp-content/w3-total-cache-config.php

これでも復旧しないようなら、引き続き FTP やファイル管理で関連ファイルの内容を確認していきます。

設定ファイルの内容を確認して削除

wp-config.php を確認

上記同様に、FTP やファイル管理で wp-config.php を編集して中身を確認します。

define('WP_CACHE', true);

という一文があったら、削除してください。後ろに「// Added by W3 Total Cache」とついている場合もありますが、気にせず削除して保存してください。

.htaccess を確認

上記同様に、FTP やファイル管理で .htaccess を編集して中身を確認します。500エラーが出ている場合は、.htaccess を疑ってみるといいですよ。

# BEGIN W3TC Page Cache core
<IfModule mod_rewrite.c>
 :
</IfModule>
# END W3TC Page Cache core

という記述があれば、削除して保存します。

これでも直らない……と頭を抱えている人は、サーバーの設定を確認してみましょう!

レンタルサーバーの設定を確認

最近のサーバーは高速化の環境を整備していることが多いです。エックスサーバーさんもそのひとつで、これがまあとにかく速い。色々やっても遅いと感じる方は、サーバーを変えてみるのもひとつの手です。

ただ、やっていることはキャッシュの生成です。WordPress 側で手を尽くしてもうまくいかないときは、レンタルサーバーが生成したキャッシュを疑ってみてください。

サーバーキャッシュを削除(エックスサーバーの場合)

まず、サーバーパネルにログインして、「高速化」のカテゴリーから「サーバーキャッシュ設定」を開きます。

Xserver → サーバーパネル

[キャッシュ削除]のタブをクリックして、[削除する]ボタンをクリックします。

Xserver → サーバーパネル → サーバーキャッシュ設定

これでサイトを確認してみてください。

ちなみに、私が遭遇したときはサーバーキャッシュを使っていなかったので「Xアクセラレーター」の ON / OFF で対応しましたが、エックスサーバーの中の人から

サーバーパネルのサーバーキャッシュ設定で、キャッシュクリアのボタンを押すのも有効かと思います。

とのコメントいただいたので、きっと有効な方法です ✧٩( ‘ω’ )و✧

キャッシュを利用した高速化はSEOの観点からも非常に強力ですが、高速化の環境整備が進んでいるレンタルサーバーともバランスを取りつつ進めていきたいですね。古いサーバーを使っている方は、セキュリティの観点からも新しい環境への移行がオススメですYO。

この記事を書いた人

小杉 聖

1978年、新潟県南魚沼市生まれ、長岡市在住。
心理学に基づいたコミュニケーション戦略立案、コンテンツ分析、SNSなども含めた幅広いウェブマーケティング、WordPressによるサイト構築が得意。
ウェブ活用の人材を育てる「ウェブ解析士認定講座」や関連セミナーを新潟県内で唯一定期開催。WACAアワードにて 2016年 Best of the best を受賞。
「Niigata WordPress Meetup」として、初心者向け勉強会を毎月開催。その他セミナー講師としても活動中。
夫と2人の子どもたちが大好き。