1ページから実現できるマーケティングツールとしてのペライチ

はい、ごめんください。コスギスの小杉です。
5年目を迎え、コスギスのキャラクターがカエルになりました。世界をカエルよ(/・ω・)/

また、「集客力の高いホームページを5万で持てる」サービスも始めました。普段、一般的なホームページは30万円から請け負っている私が、こんな破格で提供できるようになったのは、「ペライチ」というサービスのおかげです。

ペライチの良い噂は「とにかくスゴイ!」としか広まらないので、上辺だけ知っている人は「そんなに良いか?」という印象が強いです。私もそうでした。

だから今回は、なぜ「とにかくスゴイ!」と言われているのか、この間のセミナー開催の経緯とレポートにてまとめました。

ペライチの可能性に、私自身が惚れ直したセミナー

今までは「破格でホームページを持つなんて、大したものはできない」というのが持論でしたし、ペライチも「誰でもカンタンにページをつくれるサービス」としか思っていませんでした。
だって私、WordPress 大好きですし。たくさんのコンテンツで丁寧に接客できるのが、ホームページの醍醐味だと思っていましたし。

そんな私でしたが、先日ご縁をいただいて、地元新潟県の燕三条でペライチのセミナーを開催したんですよね。ペライチの創業者である山下さんに登壇いただいて。外部からはあまり見えない成功事例も拝見できるというので、ワクワクしていました。

山下さんがセミナー前に、「みんな、ペライチの魅力を半分くらい……いや、半分もわかってないんじゃないかな」と仰るんですよ。

いやいや、だって、あっという間にページが持てるんでしょ?

テンプレートから選べるから、キレイでカッコイイページをつくれるんでしょ?

ブロックを自由に組み合わせられるから、誰でもカンタンに使えるんでしょ?

サクッと簡単にキレイでカッコよく作れるのがペライチの魅力じゃないですか。確かに、「技術を覚えてデザインして構築する時間」を大幅に短縮できれば、目的に立ち返って中身を考える時間を持てるようになるのもわかります。「”つくれる” のその先へ」がペライチのコンセプトですしね。

だから、つくる以上に「誰に何をどう伝えるか」を大切にしているコスギスとしては「”つくれる” のその先へ」というペライチのコンセプトに惚れ込んで、クライアントさんと一緒に目的や中身を共有して将来を考える時間を持ちたいと、新潟県の代表サポーターにもなっています。

ただ、中身を考えられるようになれば、ゆくゆくは WordPress のように、しっかりとしたホームページを持った方がいい。ペライチそのためのファーストステップとしてはいいんじゃないかな。と、本気で思っていました。

2時間後にはこの考えを深く改めて、今読まれている記事を書くことになるのですが。

第1部は「ホームページの困り事」を徹底放出

ペライチセミナーを金曜日の夜に開催したので、19時から本編(山下さんのセミナー)とし、18時からはディスカッションタイムにしました。これなら、ペライチの内容を聞きに行くだけなら間に合う人もいるだろうと。

ディスカッションテーマは「ホームページの困り事」

2つのグループに分けて話をしてもらったのですが、私が介入したのは以下の2点です。

  • 自分が解決策を知っていても、アドバイスをしないこと
  • 小さくてダブるような悩み事でも、なるべく板書すること

10名ほどの参加者さんは、ほとんど初見の方同士でしたが、まあ出てくる出てくる。だんだん「そうそう!」「あるある〜」という言葉が増えて盛り上がり、少し落ち着いたところに質問を投げてみると、また色々な思いが出てきました。

だいたい30分くらいで出てきた内容がこちら。

似たような困り事もありますが、グループによって少し異なる結果となりました。偶然、EC系と企業系で分かれたためと思われますが、結構興味深いですよね。

最後にこの2つを共有して終わったのですが、「メンドクサイ」はあっても「難しい」という言葉がなかったのが、個人的には意外でした。たいてい、「難しい」という言葉を使うとそれで終わってしまうのですが、具体的な悩みとして上がったのは、実際に使っている方の生の声なんでしょうね。

これらの悩みに対して私は何のフィードバックもしていませんが、最後には参加者同士でご自身の知識や実例を共有されていました。まだホームページを持っていない方は、実際に運用している方の話を聞いて、とても刺激になったようです。

そんな空気に山下さんが、「8割くらいはペライチで解決できますね」と呟いたところで、第2部への期待がMAXに。

この時点でペライチの魅力を半分も知らなかった私も、山下さんの言葉は想定外でした。解決できるのはペライチではなく、ウェブコンサルティングだと思っていましたから。

第2部で、ペライチの本当の魅力は可能性だと知る

ペライチセミナーの概要は、山下さんの話をガッとメモしていたものをシェアしておきます。なんでこの写真にしたかな。

ところどころ気になる数字はありますが、ペライチのセミナーを主催できて本当に良かったと思った瞬間でした。

私自身はホームページを制作する側でもありますが、新潟代表サポーターとしては「ペライチという商品を仕入れて売る」、つまり小売業に近いものがあると感じています。

小売業としては、自分の売りたい商品の仕様を把握しておくのはもちろんですが、それ以上に、商品の可能性を知り尽くしていることが非常に大切だと、心にしみました。同じものを売るなら、相手にその「可能性」を提供したいじゃないですか。

ペライチで “つくれる” のその先 に行くための第3部

実はペライチのテンプレートに秘密があるというのを第2部で知ったので、先に知っていれば第3部の内容をもっとブラッシュアップできたのに……!とハンカチを噛み締めたのはここだけの話です。

ただ、事前のスライド合わせをしていないのにもかかわらず、第2部では「一貫性をもったページをつくること」第3部では「一気通貫が大事」と同じことを言っていたので、本質的には変わりません。

一部編集したスライドは以下にあります。

一貫性を作ると言っても、何を一貫させたら良いのかわからないかもしれません。

まずはビフォーアフター(スタートとゴール)を明確にしてから、(ビフォーからアフターに行くための要素を2つ設定し、その2つを深めて)一貫性をつくるために AITMA モデル(アイドマではなくアイトマ。愛と間)を使うと、考えやすくなります。AITMA はコスギス独自のフレームワークです。

今回は紹介だけになりましたが、 AITMA で相手に伝えるための内容を考えておくと、ペライチに落とし込む際に偏りのない構成ができるようになります。

裏面のコンセプトダイアグラムのライト版は、ペライチでお客様を動かすための戦略図なので、もしペライチをうまく使いこなせないと感じたら解析ランチにお持ちください。

ペライチは “ホームページをつくれるサービス” ではない

第2部でご紹介したFacebook の投稿を読んでいただくと、ペライチの可能性を感じていただけるかと思いますが、つまるところペライチを「誰でも簡単にホームページをつくれるサービス」と説明するだけでは片手落ちです。

ペライチは「誰でも簡単に集客力の高いホームページをつくって売れちゃうサービス」でした。

ただ「つくれる」のと「つくって売れちゃう」のとでは、冷え切った熟年夫婦に匹敵するほど価値観の相違があります。

簡単にできるんでしょ?と、ペライチを使ってページを作っただけでは、他の無料サービスとの違いがわからないかもしれません。ペライチがスゴイと言われる秘密のひとつは、そのテンプレートにあります。

テンプレを素直に埋めていくのがオススメ

第3部でも「一貫性が大事」という話をしましたが、ペライチのテンプレートはただのテンプレートではなく、あたかも実在していてもおかしくないような、一貫性がすでに最適化されたサンプルとして作られています。「これって実在するんですか?」と聞かれたことさえありました。

業者にすればウン10万円するような印象の良いデザインテンプレートを選んで、あとは写真と文章を変えていくだけ。

何度か勉強会を開催して気をつけたほうが良いかなと思った点は、一箇所に文章を盛り込みすぎてしまうこと。サンプルの文章量がちょうど良い長さとして作られているので、大体何行くらい、と見積もってから文章を変えると良いですよ。まずは全体の構成を見て、そこに何を入れるかを考えた上で、文章を打ち込んでいくとスムーズです。

AITMAに沿って必要な情報の目処が立っていると、足りないブロックも出てくるかもしれません。そうなった時に適宜追加すればいいので、最初は素直にテンプレートの項目を埋めていきましょう。すべて埋まった頃には、ビックリするようなページができていると思います。楽しみですね。

また、ペライチは SEO に強いと言われているのも、人気の理由です。

そもそも SEO とは

まず、SEO(エスイーオー)という言葉を聞いたことがない方もいらっしゃるので、少し補足します。

SEO とは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略。コスギス的には「検索体験(Experience)最適化」と言っています。相手の検索体験を、自社のサービスに最適化することです。

たとえば「長岡のラーメン」と検索すると、長岡市内のラーメン屋が地図上に表示され、ランキングや特集記事が表示されます。

あなたが長岡市内のラーメン屋店長なら、ここに自分のお店が表示されてほしいですよね。そして自分のお店のページに来てほしいですよね。少なくとも「長岡のラーメン」と検索した人がお客様になってくれる可能性は十分あって、その可能性はできるだけ高めたいわけです。

可能性を高めた結果「このホームページは、ラーメン店を探している人にとって役に立つ内容だな」と Google に判断されると、検索結果でクリックされやすい最初の方に表示されます。たとえば「長岡のラーメン屋ランキング」なんかは、ラーメン屋を探している人にとって有益な情報である可能性が高いため、優先的に検索結果に表示されます。そのページが真面目で信頼できるものなら、表示される優先度はかなり高くなると言えるでしょう。

逆に、「長岡のラーメン」と検索した人は「ラーメンは糖質と脂肪でできている料理だから云々」なんて情報を求めている可能性はかなり低いといえます。だから、検索結果に表示される優先度も低くなります。

この「検索した相手の求めている情報を一番的確に伝えて、検索結果の表示優先度を高め、自分のページに興味を持ってもらう可能性を高める」ことが、SEO です。この可能性の高さが、インターネット上の「集客力」となります。

ペライチが SEO に強いと言われている理由

SEO についての前置きが長くなりましたが、ペライチはこの SEO をしやすいために、「ペライチ = SEO に強い = 集客力が高い」と言われているのです。

  • ペライチは相手の求めている情報を、一貫性を持って伝えることができる(テンプレートが最適化済)
  • そんな情報が peraichi.com として掲載されているので信頼されやすい(ドメインパワーが強い)
  • スマホやタブレットにも最適化されている(レスポンシブデザイン)
  • セキュリティ的にも信頼される環境(peraichi.com は SSL 対応済)
  • ページ管理が楽だから、最新情報に更新できる(新鮮なページは Google に喜ばれる)

などの理由があります。

ただ、これらはあくまで用意された環境でしかなく、ペライチを最大限に活かすには、適切なタイトル付けと中身に優位性を持たせることが必要です。ひとりでもできますが、相手に受け取ってもらえる文章を作るのがわからないという方も少なくありません。

そんな悩みを解決するため、47都道府県を対象にしたサポーター制度が展開されています。コスギスは新潟の代表サポーターとして、SEO の本質 ✕ ペライチの可能性 ✕ 御社の可能性 = 顧客の満足 として社会をカエルために、ホームページ作成支援サービスをつくりました。

結論:ペライチは、うれしい。楽しい。

第1部であがっていた「ホームページの困り事」をほとんど解決できる「ペライチ+サポーター制度」はスゴイのですが、それ以上に、ウレシクなるんですよね。ペライチって。

  • ホームページなんて、と思っていた方が自分のページを持てるようになる。それを支援しているのが楽しい。
  • ペライチっていいよね!こうするともっといいよね!と楽しんでいるファンがいる。仲間になれてウレシイ。
  • 機能も名称も、とことんユーザーファーストでコンセプトにブレがない。粋だねぇ。
  • ちゃっかり上級者向けの機能も用意されていて、実はデザインをいじれちゃう。CSSのオモチャ。
  • 分析も改善もしやすいので、ウェブ解析のベイビーステップになる。ヤバい。

こんなにオモシロイものを、コスギスは放っておけません。
だからサービスとして立ち上げましたが、ペライチの勉強会「ペラ子屋」も要望をいただいて、不定期(ひと月2回くらい)に開催しています。

第10回くらいまでは 1名様 2,000円 で設定していますが、その後は値上げすることも検討しています。連続参加の開催を求められているので、早めにお越しいただくと良いかなと。10万円でホームページ作る覚悟があるのなら、勉強会に5回も来ていただければ1万円で済みます……。(値段設定やらかした感満載)

ということで次回、ペラ子屋でお会いしましょう。

ペライチのテンプレートの構成の理由や、入れるべき内容については、以下の本を読むともっと応用できるかも。「お客様の声」は最強です。そのためのアンケート方法は知っておいて損はないですよ。

1978年、新潟県南魚沼市生まれ、長岡市在住。夫と子ども2人をこよなく愛す。

教員養成課程を修了して教員免許を取得するも、民間企業に就職して12年近くウェブ制作に関わる。デザインから開発まで、制作業務をトータルでこなすオールラウンダー。

2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月に起業、コスギスとして活動。心理学に基づいたコンテンツ分析と、SNSなども含めた幅広いウェブマーケティング、そしてWordPressでのサイト構築を得意とする。

ウェブ活用の人材を育てる「ウェブ解析士認定講座」や関連セミナーを新潟県内で唯一定期開催。WACAアワードにて 2016年 Best of Best を受賞。2017年 ペライチ公式 新潟県代表サポーター。

初心者向けのWordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)や、ホームページ勉強会を主催。セミナー講師としても活動中。