ウェブ解析士会議 vol.3 にパネリストとして参加しました

2016-02-27 12.39.42はい、ごめんください。
越後のウェブ解析士マスター、コスギです。

先日、200名近くの参加者(うち、9割がウェブ解析士)が来られたウェブ解析士会議にて、パネリストとして登壇してきました。

参考:ウェブ解析士:私たちがはたらき方を決める ウェブ解析士会議Vol3

そこで行われた WACA アワード 2015 にて、Best Lecture 賞をいただきました。

今日はそのアワードへの感謝と、当日のレビューです。

Best Lecture 賞をいただきました

IMG_20160228_180209Best Lecture 賞としての選考理由は、問題集の作成だったようです。

参考:公式テキスト2016年版(第7版)対応 初級ウェブ解析士認定試験問題集 – コスギス

講師のマスターさんからは「小杉さんの問題集を勧めていますよー」と仰っていただき、「問題集で勉強しました!」と仰る方もいらっしゃいました。

ありがとうございます。
2016年で4年目(4冊目)となります。

2016年版は、笹川さんにも支援していただきました。イベント当日も実況されていましたが、ハンバーガーメニューで有名な方です(笑)
彼のおかげで、誤字脱字が最小限で済みました。ありがとう!

問題集で気になったところは、どんどん私にツッコんでいただいて構いません。講師のマスターさんも、受講生の方から質問を受けた場合には、コスギに丸投げしてもらっても大丈夫です。

問題集を作りはじめた当初は200問近くありましたが、解説に力を入れて無駄な問題を省くことで、2016年版では145問となりました。

解説は読む(インプット)だけなので、解説が理解できたかの確認(アウトプット)はやっぱり必要だろうとも考えているので、来年はそのための問題が少し増えるかもしれません。

Kindleはスマホやパソコンでも読めるので、専用の端末は不要ですよ。電子書籍ならではの、マーカー機能や検索機能を活かして学習してくださいね。

ただ、問題集だけで合格できると思ったら大間違いです。ぜひ、講師や受講生とのコミュニケーションを楽しんでください。質の良い学びは人と人との関わり合いの中で生まれます。

今後も、あくまでも教材のひとつとしてのポジションを保っていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

当日のこと

※ここからの写真は、カメラマンの飯田昌之さん(M Works,Photo & Digital Creative )より。素敵な写真をありがとうございます!

アンケートをざっくり振り返って。

20160227_0316今回はいちパネリストとしての参加なので、結果については俯瞰的に分析してみました。

印象的だったのは、今回のイベントの評価が真っ二つだったこと。その原因は、参加者の目的の違いにあったと感じました。

ウェブ解析士会議 vol.3 は、解析士という側面から、自分の仕事や生き方を参加者それぞれが振り返るためのイベントなんです。

だからこそ解析士が対象になっていたわけで、勉強をするためのセミナーではないんです。勉強をするためのセミナーなら、アップデート講座やエキスパート講座がありますしね。

これがちゃんと伝わっていなかった結果だったのではないかと。

私はパネリストとしての参加でしたが、微力ながら裏方にもなっていたので、新潟で各種セミナーを主催する者としては、とても勉強になりました。

懇談会では全国から集ったウェブ解析士さんとの交流ができるので、懇談会は懇親会であってほしかったし、もっと時間が欲しかったのが正直な感想です。お酒も料理も余っちゃったので、もう30分くらい長くても良かったんじゃないかなって。

はじめての大きなイベントだったので、関係者も参加者も思うところは様々あるでしょうが、今回の反省点を糧に、素敵なコミュニティになればと願います。

「ちゃんと伝える・ちゃんと伝わる」って、すごく大事。

私がイベントで白衣を着ている理由。

20160227_0331「ちゃんと伝える・伝わる」に関連して、懇談会の時に尋ねられたので、補足しておきます。

私が初見の方が集まるイベントで白衣を着ているのは、医者が健康状態を診るためにデータを使うのと同様に、「ホームページの健康状態を診ますよ」っていうアイコンのため。人間は治せません。

「ホームページの健康状態を診断できるヒト」というポジションです。もちろん普段は着ていないので、イベント衣装です。

今年に入ってから、言葉を省いてしまっているなあと反省することが多く、今回のイベントでも言語化が課題だと強く感じたので、毎回説明することに決めました。

ちなみに、WordPressの勉強会ではわぷーの帽子をかぶります。ウェブ解析士のかぶりもの、何かないかな。

地方にはウェブ解析どころか、マーケティングに関しても遅れています。都会の5年遅れくらい。もちろんちゃんとできている企業もありますが、マーケティングとセールスの違いを説明できる方はとても少ないです。

マーケティングは、自社の商品やサービスを必要としている人のニーズを刺激してウォンツにすること。

セールスは、ウォンツに対して自社の商品やサービスを買う理由や良さをアピールすること。営業はセールスです。

マーケティングは、潜在意識に対する働きかけと仕組みづくり、セールスは、顕在意識に対する働きかけと仕組みづくりです。自社でマーケティングをしなくても売れるのは、他社のマーケティングのおこぼれをいただいているだけに過ぎません。

だから白衣には「データを見てマーケティングをしましょう」というメッセージを込めています。

ホームページを消費ではなく、投資と考えていただくように。その入口としていただくために。

いきなり「自社のウェブサイトをオウンドメディアとして成長させ、ブランディングしましょう」と言ってもピンと来ないじゃないですか。

「ホームページの健康状態をチェックしますよ」

「そもそも、ホームページの健康な状態ってなんですか?」

「ホームページってネット上の事業所だから、かけるお金は投資であるべきですよね」

「では、何を目的として投資しますか?」

「自社の商品やサービスを必要としている人に、情報を届けるためですよね」

「そうすると、ホームページだけでいいのかという話になってきますよね」

……という話を、3年以上続けています。3年前よりは、危機感を感じる方が増えてきました。

マーケティングの落とし穴は、この危機感だと思っています。解決したい悩みがない相手には、そのままでは届きません。言い方は悪いかもしれませんが、危機感を煽るやり方も必要だと感じています。

母親でも仕事ができるのは、恵まれた環境だから?

「努力」というものは主観的な判断によるので、自分はこれだけ努力している、ということは言えません。

両親は離婚していて、実母と義父は亡くなって、同居している義母がなんの介護の必要もなく家にいて、育ての親となってくれている環境は恵まれていると思います。後悔がないわけではありませんが、同居という選択をしたことで得られた環境です。

何が一番恵まれているかって、主人がいつでも私の味方でいてくれることです。私の唯一の自慢は、主人から愛されていることです。今の私がいるのも、彼のおかげです。深夜まで仕事してることも多くてゴメンね。

義母の愚痴を聞いてくれたり、スケジュールを合わせてくれたり。どちらかというと、仕事の話は彼のほうが多いので、私が仕事の話をすることはあまりないのですが、色々と考えてくれています。

夫婦仲が良いせいか、子どもたちは素直に育ってくれています。今のところ、何でも話してくれます。

女性は特に、乳飲み子を抱えても仕事に生きるというのは、何かしらの妥協が必要です。仕事をすることの代わりに、何らかの妥協をすること。そういう選択をした自分自身を後悔しなければ、どうとでもなるんじゃないでしょうか。

自分の人生の選択権は、自分にあります。それは誰にとっても特別なことではないはず。

苦労話を聞かせて!と聞かれればいくらでも「ネタ」はあるのですが、義母は私の仕事を完全に理解しているわけではないですし、応援者というわけでもないので、200人の前で話せる内容ではありません(笑)

あえて言うなら、生活費は主人と同じ額を納めています(キリッ

今後の活動について

photo by 飯田昌之独立してまだ3年目なので、しばらくはまだまだ啓蒙活動を続けていきながら、自分が伝えたい本質を磨いていきます。

問題集の発刊については、今後も続けていきます。

ちきりん女史の「変わらなければ、替えられる」と、シリコンバレーで昔から言われているという噂の「Fail often, fail quick, fail cheap」のふたつが、今の私を動かしている言葉です。

こうやって、ベクトルが同じ方とのコミュニティに参加することはとても大事だと感じています。

ビジネスも、人と人との価値交換。コミュニティはお金を介さずに、意識で成り立つ不思議な場です。新潟にも箱は作ってありますが、それが命を持っているかはまた別問題。

今回のイベントでたくさんの方から刺激を受けたので、変化の波を楽しみながら、精進します。

残念ながらお話できなかった方も大勢いらっしゃるので、ぜひ Facebook でお会いしましょう!(/・ω・)/

登壇された、私が大好きな方々の著作はこちら↓

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?