WordPress 3.5系 → 3.6 に更新する際の注意点

WordPress ロゴはい、ごめんください。
新潟県は長岡市の本日8月2日と明日3日は、日本一の大花火が揚がる日です。

フリーになったので、なおさら今日明日は仕事モードになりません。ですので、ブログを書きためておく日にしようかなと(結局仕事が楽しい)。

さて、うちでも使っている WordPress の最新版がリリースされたので、早速導入してみました。

参考:WordPress 3.6 ベータ1 はなにが変わった? まとめ – NAVER まとめ

このベータ1が正規リリースされたということです。ローカライズ版ではありませんが、今のところ Multibyte Patch が効いているのか日本語でも問題なく使えています。

ただしアップグレード後に問題が起きたので、その対処法を記載しておきます。

バックアップの前にやっておくと良いこと

リビジョンを有効にしている場合はかなり溜まっている場合があるので、一時的にでもプラグインを入れて綺麗に削除しておくと良いですよ。

WordPress › Better Delete Revision « WordPress Plugins

これもちょっと古いプラグインですが、私は愛用しています。すでに使っている新しいもの(データベース管理系プラグイン)があったら、そちらを使ってみてください。

そしてバックアップ!

私は普段、データベース・テーマファイル・コンフィグファイル(wp-config.php)と、アップロードしたファイル(upload フォルダ)くらいしかバックアップしないのですが、心配な場合はデータベースはもちろん、WordPress をインストールしたフォルダごとパソコンにダウンロードして保存しておきましょう。

その際、自動生成したようなフォルダは「権限がないのでダウンロードできません」と言われることがあるかもしれません。中のファイルだけならダウンロード出来るかもしれませんが、難しいようならサーバ管理者に問い合わせてみてください。それがキャッシュだったら必要ないとは思いますが。

幸い、エックスサーバーはユーザーが統一されているので、そのようなことはありませんでした。こういう小さなところも関係してくるので、エックスサーバーはホント居心地良いです(逆に上記のような場合は稀かもしれません)。

データベースは、phpMyAdmin などのツールですべてのテーブルを最適化してから、エクスポートして zip 形式でダウンロードしておきます。

データベースにしてもファイルにしても、バックアップ用プラグインで対応できますが、別に WordPress に束縛される必要はありません。時間があるなら別のツールでごっそり取っておいたほうが楽ではあります。

3.5 系から 3.6 へのアップグレードは、ダッシュボードからボタン一発

[3.6に更新]というボタンをポチって、ちゃんとバックアップしましたよね?という説明を承諾した上でアップグレードを行ないます。

あとは待つだけ。良い時代になりました。

無事に終わったと思いきや・・・?

まあ、一筋縄ではいかないと思っていましたが、やっぱり問題が起きました。サイトは表示されましたが管理画面に入ろうとすると、

「更新の必要はありません
この WordPress のデータベースはすでに最新のものです」

というメッセージが出て、[続ける]ボタンをクリックしてもサイトに戻され管理画面に入れません。

さて困った。ということで Google 先生に尋ねてみましょう。教えて!Google 先生!

キャッシュ、やっぱりお前か!

DB Cache Reloaded Fix と、WP File Cache を使っている場合それぞれの状況があるようで、私の場合はどちらも使っているのですが、結果的には後者の WP File Cache が原因だったようです。参考ページは頼りになる漢、樋口さんのサイトより。

参考:このWordPressのデータベースはすでに最新のものですと表示されログインできなくなった場合の対処法 – SEOのホワイトハットジャパン

要するに wp-file-cache のフォルダを一旦削除してしまえば良いのです。

ただ、私は管理画面に入れないまま削除することに抵抗があったので、プラグインのフォルダ名に「_temp」と追加して名前を変えてしまいました(こうすると勝手に無効にしてくれるので)。これでダッシュボードと再会。

その他にも、消したくないけど無効にしておきたい(エラーが出るのは自己責任で)場合は、ファイル名を変えて「一時的に存在しないモノ」としておくことがよくあります。

結果的に、wp-file-cache/cache 内のフォルダとファイルを全て削除して、キャッシュを作りなおさせることで対応できました。

まだプラグインのアップデートが追いついていない件

今のところ、コスギスのサイトで大きな問題は起きていませんが、これから顕現してくるものと思われます。3.6 にアップグレードする際、Akismet はすでに 3.6 でも動作できることを実証されていました。さすが!

気になる機能がないのなら、動向を見て 3.6.1 が出るまで待つとか、日本語版を待つという選択肢も十分あるでしょう。

現在機能が変わったなと判断できているのは、プラグインというより functions.php で設定した style_formats の CSS が無効になっていることくらい。

あと嬉しかったのは、Chrome の Create Link というアドオンで参考リンクをコピーしているのですが、ビジュアルエディタでも HTML が変換されなくなったこと。(ちょっと前からだったような気もしますが)

最近はサーバの容量も増えてきたので、Youtube にホスティングしなくても動画を埋め込みできるのは、企業にとってはありがたいことかもしれませんね。

WordPress をアップグレードする際に、参考になれば幸いです。

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?