Facebook(フェイスブック)とTwitter(ツイッター)の違いって?

FacebookとTwitterの違いをまとめましたはい、ごめんください。
新潟のウェブ解析士マスター、コスギ(@mekemoke)です。

ちょっと前に、ソーシャルメディアの3つの活用方法についてまとめました。

発信・傾聴・対話の3つは相互に連携させてこそ、というお話でした。

参考:発信だけじゃない!Facebookを使う前に知りたい、3つの活用方法 – コスギス

今回は「Facebook は使ってるけど、Twitter の使い方がイマイチよくわからない…」という方向けの記事となります。

そもそも「発信」は、「インフォメーション」ではない

個人でSNSを利用しているだけという方には、ちょっとえげつない話かも・・・

・・・と、前置きしたうえで。

SNSをビジネスで利用する場合、決して売り込んではなりません。

SNSは「アーンドメディア」と言われるタイプのメディアで、信頼獲得(Earned:アーンド)を目的としたもの、と位置づけられています。つまり、「セールス」はご法度です。

友達の投稿を楽しく見ている時に、売り込みの情報が入ってきてもスルーしますよね。

ですです。

ソーシャル(社会的)っていうくらいなので、人の集団であることを忘れないようにしたいですね。

逆に、SNSで商品を購入してもらいたいと思ったら、まず目に留めてもらえるくらいの信頼を得ようという事になります。

SNSの活用方法のひとつである「発信」は、「インフォメーション」ではなく「バイラルマーケティング」です。お知らせではなく、クチコミおこしです。

「共感」を得て「信頼」され、誰かに「広めたくなる気持ちを起こす」ことを肝に銘じておきましょう。

ちなみにセールスをやる場合には、相手が直感的にわかる「価値」(ベネフィットとかメリットとか)を訴求したうえで行なうのが鉄則です。

これは、Facebook も Twitter も変わりません。

さて、前置きが長くなりましたが、Facebook と Twitter の特徴を以下にまとめました。

Facebook と Twitter の共通点と、メリット・デメリット

Facebook Twitter
拡散力 広まりにくいが刺さりやすい 広まりやすいが刺さりにくい
集客力 刺されば集まる 広まれば集まる
匿名性 原則として本名で利用し、
1人1アカウントが基本。
匿名で利用でき、複数アカウントを
使い分けるユーザーも。
双方向性 個別にコメントできる 初対面でも敷居が低い
即応性 高い。
既読代わりのいいね!や
スタンプでのコメントも可。
高い。
文字数が限られているので
長文を期待されない。
表示方法 表示されない記事もある すべて時系列で表示
情報の表示先 仲間や顧客などの特定の人 独り言が多い
情報の鮮度 比較的新しい。
1日程度は遡れる。
ほぼリアルタイム。
その分流れやすい。
情報のリサイクル あまりされない。 RTで回ることがある
情報の拡散方法 広まるのはシェア。
いいね!やコメントでは
拡散されにくい。
気軽にRTや返信がなされ、
拡散されやすい。
広告配信の特徴 広告表示の対象を
絞って配信できる。
広く配信されるが、
その分刺さりにくい。
投稿内容 長文投稿が可能。
写真も動画も位置情報もOK。
長文にはノート機能もおすすめ。
1回140文字まで。
写真も動画も位置情報もOK。
短いので気軽に広めやすい。
SEOとの親和性 イベントやページはSEOになる 一般的には検索されにくい(※)

拡散力で言えば Twitter を、刺さりやすさで言えば Facebook ですね。

※最近は Google の検索結果にも Twitter の投稿が出るようになってきましたが、検索エンジンと親和性が高いのは現時点ではまだ Facebook です。

日常的にネットを使っているタイプの方々(自分で自分の好きな情報を得られるスキルを持っている人)は、Twitter をメインに使って独り言をつぶやいていることも少なくないようです。学生さんとか多いですね。

逆に、日記的に後から見返す事ができるものとして、メインに Facebook を使っている方々は、情報を受動的に受け取っているのではないかなという印象です。30代以上のビジネスマン以外にも、写真をたくさん撮りたい主婦の方が多いのでは。

もちろん両方やっている場合もあるわけですが、SNSを使い分けることができる器用な方々は、それだけで重宝される時代です。

3つの活用方法に当てはめてみると。

では、Facebook や Twitter をビジネスで活かすにはどうしたらいいでしょう?

3つの活用方法に当てはめてみます。

傾聴(ソーシャルリスニング)は「リアルタイム検索」で

ビジネスの根幹を成しているキーワードってありますよね。

私だったら「ウェブ解析士」や「コンセプトダイアグラム」。屋号である「コスギス」もチェックしておきたいところ。

たとえば、「ウェブ解析士」に関するつぶやきを知りたいなあと思ったら、以下の Yahoo! リアルタイム検索を使って、公開されているソーシャルメディアのつぶやきを横断検索できます。

参考:Yahoo!リアルタイム検索~Twitter(ツイッター)、Facebookをログインなしで同時に検索!

Yahoo リアルタイム検索

アプリもあるので、定期的にソーシャルリスニングできます。リアルタイムで盛り上がっているネタもわかるので、話題を追うのにも使えますよ。

ただ、あまりに一般的な言葉を設定すると追い切れないので、表記ゆれも加味して注目しておきたいキーワードを選ぶといいですね。

ちなみに先程の例だと、「ウェブ解析士」よりも「Web解析」の方が一般化するので、情報取得の幅が少し広くなります。

発信(バイラルマーケティング)は個々の特徴を活かそう

Twitter は拡散力がありますが、情報が流れてしまうのが速いので、初動の話題性が大事になります。

投稿してから一定時間(約2時間くらい)は反応を見ながら、適宜返信したりリツイートしたりして、更に多くの人の共感を起こすことを心がけましょう。

Facebook にはエッジランクというものがあり、情報が届きやすい人と届きにくい人がいます。

届きにくい人は、そもそもあなたの情報を必要としていない可能性が高いので、届きやすい人を狙い撃ちするような投稿を心がけましょう(もしターゲティングがずれていたら、早めの矯正が必要ですが)。

どちらにしても、ソーシャルメディアで意図的にクチコミを起こそうと思ったら、投稿初期に話題にしてくれる仲間を大事にしましょう。

ヤラセではなく、ステマでもありません。利害の一致があるわけでもありません。

お互いにファンになって、

「この人の記事はオモシロイからツイートしたい」
「この人の記事は役に立つからシェアしたい」

と思い合える仲間を、自分から作っていく必要があります。

そういう仲間に支えられているからこそ、「ソーシャルメディア」なんです。

ファンづくりを怠って「うちの商品はとにかくいいから、一度は見てもらいたい」という場合には、お金を払って目にしてもらう(広告)ことを検討してください。

対話(アクティブサポート)は傾聴の情報を活かそう

Yahoo! リアルタイム検索で得られたコメントに対し、積極的に関わっていくのがアクティブサポートです。

ネットでの交流とはいえ、他にも人がたくさんいる公園だと思って話しかけるといいですよ。

初対面の人に対して、上から目線で対応したり、タメ口を使ったり、言い逃げしたりするのは、一般的なリアルの交流を考えてもおかしいですよね。

リアルタイム検索で見つかった投稿に対しては、本人たちは独り言のつもりでつぶやいていることも多いので、反応を期待していないという前提で声をかけましょう。

Facebook だけでなく、Twitter もやりたいと思ったら…?

ソーシャルメディアは、「情」でつながるコミュニティ

Facebook はすでにやっているという方は、リアルな仲間がいるからやりやすかった、という側面があったのではないでしょうか。

Twitter も同様に、まずは仲間を増やすことが必要です。

仲間が Twitter をやっていれば話は早いですが、Twitter 活用に踏み切れていないのは、裏を返せば、「まわりに仲間がいないからやりにくい」という課題があるのでは?

それならまずは「傾聴」からはじめてみましょう。この時は情報収集に留めます。

そして「中の人(Twitter 運用者)」が、自社の商品やサービスの楽しさを一人称で発信していきながら、気になるアカウントをフォローしていきます。

そして、ビジネスには直接関係ない話題も盛り込みながら「中の人」を楽しみつつ、対話を重ねていきましょう。

ある程度の演出は必要ですが、Twitter 運用のコツは、自分自身が交流を楽しむことです。

そして、共感を得られる情報を発信していきましょう。

・・・クチコミ関連の面白そうな本ないかなって探したら、なるほど面白そうな本が出てきましたよ。

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL