Google マイビジネス でお店の情報をすぐに見てもらう方法!店舗経営者は今すぐやろう!

はい、ごめんください。新潟の長岡というところでウェブコンサルタントをしている小杉です。もうすぐ長岡花火ですね。絶句するので、一生に一度はぜひ見に来てください。

今回は、Google でお店の情報をすぐに見てもらうための Google マイビジネスについてご説明します。これを読んでいるあなたが店舗経営者なら、ホームページ担当者に共有して、設定することを強くお勧めします。

これからは Facebook だけでなく、Google への対応がアツくなりますね!

(前提)検索すると、お店の情報が表示される

スマホで社名や店名を検索することは珍しいことではなくなりましたから、経営者なら一度は自社の名前で検索したことがあると思います。自社でなくても、店舗名を検索したことがあるでしょう。ラーメン屋とか、居酒屋とか。

そうやって検索すると、地図と一緒に情報が出てきますよね。

これは Google マップに登録されている情報なので、ホームページがなくてもある程度の内容が表示されます。

ただ、掲載されている情報はお店のスタッフでなくても Google に登録できます。ましてや、お店に行ったことがない人ですら情報を登録できるので、Google はできるだけ多くの人に情報提供を促して、正確な情報を保とうとしています。

だからこそ、店舗経営者は自分のお店の情報を管理しておかなくてはなりません。そういう時代です。

「Google マイビジネス」に登録しよう

逆に、新しくビジネスを始めた場合は Google に登録されていない場合があります。

自社を検索しても表示されないようなら、Google に登録しましょう。それがGoogle マイビジネスです。

「リスティング」を和訳すると「名簿」という意味があり、箇条書きのように列挙された情報のことを指します。「ご利用を開始」や「使ってみる」から進んで行くと、だいたい何を入力すれば良いのかがわかるのでご安心を。

参考:Google マイビジネス – Google で無料のビジネス リスティングを作りましょう – Google

すでにお店の情報が入っている場合でも、この「Google マイビジネス」で管理できます。

ただしマップの地理情報と紐づいているので、所有権のない建物でのサービスや、自宅の場所を明かしたくない出張型のサービスの場合は登録できません。また、いくつかの注意事項がありますので、一度ガイドラインに目を通しておくことをお勧めします。

参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン – Google マイビジネス ヘルプ

ホームページを持っていなくても、最新の情報を伝えられる!

Google マイビジネスでは、必要な情報を登録できます。

屋号や住所、電話番号や営業時間などの概要はもちろん、たくさんの写真を載せることで雰囲気を相手に伝えることができます。そしてついに、「投稿」した情報を掲載できるようになったのです!

店舗名や会社名で検索された際、このように表示されると目につきますよね。

Google マイビジネスの管理方法は、以下のヘルプからご確認ください。

参考:Google マイビジネス ヘルプ

店名や会社名など、いわゆるブランドワードで検索されるということは、「検索している人があなたの店舗や会社のことを知りたがっている状況」です。なんて美味しいタイミング。お風呂上がりの牛乳のような美味しさ!ホームページに行く前に情報があるのですから、ゴクゴク飲み干してしまう勢いです。

見せたい写真が多い場合はもちろん、このように最新情報を検索画面上で伝えられるわけですから、Google マイビジネスを使わない手はありませんね。

冒頭でも少し触れましたが、今後は Facebook だけでなく、 Google マイビジネスへの対応も見逃せません。

Google マイビジネス「投稿」の可能性と注意点

さて、Google マイビジネスの「投稿」は、正方形の画像と150〜300文字程度の文章が基本です。その上で、イベントとして日程の情報を追加したり、外部リンクを設定することもできます。これは両方可能です。

ですから、イベントはこまめに登録しておいたほうが良さそうですね。

なお、新しい投稿順に表示されて、順番を変えることができません。ですから直近のイベントを伝えたい場合は、あとから投稿し直したほうが良さそうです。

また、複製して新しく投稿するということができません。目新しさを考えると、同じ画像を使いまわすより、少し変化をつけたほうが良いかもしれませんね。

投稿数として、5つくらいは余裕で投稿できましたが、それ以上の投稿ができるかどうかはわかりません。写真と異なり、読まなければ理解できない内容だと、逆に相手を疲れさせてしまいます。「ジャストナウな検索ユーザーに見せたいもの」をよく考えて投稿しましょう。

追記:投稿の賞味期限は1週間!

Googleマイビジネスの「投稿」TIPS×3――掲載は1週間、写真は必須、スケジュール機能なし | 海外SEO情報ブログ

海外SEOブログの鈴木さんの記事より。投稿記事は1週間で消える、かつ、予約投稿ができないため、こまめに新鮮な情報を掲載しておく必要があるということですね。

イベントは終わるまで掲載されるのはウレシイですが、他の投稿にまぎれないようにする必要があるため、未来のイベントを先に投稿してから、直近のイベントを投稿するようにしたほうが良さそうです。

やはり、「ジャストナウな検索ユーザーに見せたいもの」をよく考えて投稿する必要があるということですね。

SEO になる? → なる!

ブランドワードで検索してきた相手に適切な情報を見せることができるのなら「検索体験最適化(Search Experience Optimization)」という観点で「SEO になる!」と断言できます。

ただし、これで上位表示できるというのはまた別の話です。

一般的に言われている「SEO」は、狙ったキーワードで検索してきた相手をホームページに誘導するため、検索結果の上位に表示させるような施策を指しますが、Google マイビジネスでできることは「ローカル SEO」です。

つまりランチやエステなど、実際のサービスを探している相手を店舗(の情報)に誘導するため、検索結果に表示させるような施策なので、「うちはホームページを見るよりも、直接来店してくるお客さんばかりだから」という店舗は、ホームページを持つ持たない以前に、必ず管理しておきたい内容ですよね。

Google は、検索結果の掲載順位の改善についてちゃんと説明しているので、「ローカル SEOというのか!それは大変だ!」と思われたら、ぜひチェックしておきましょう。

参考:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

といっても難しいことはなく、必要な情報は掲載し、管理しておきましょうというだけの話ですが。

まとめ

  • Google マイビジネスで、自社の情報を管理しよう。
  • 見せたい写真は、Google マイビジネスにどんどん登録しておこう。
  • Google マイビジネスの「投稿」で、最新情報を見せよう。Facebook もいいけど Google もね。

なお、ホームページを作ることも Google マイビジネスへ登録することも、あなたが求めているお客様に適切な情報を提供するための手段でしかありません。

提供した情報で、お客様をどう変えたいのか。情報を知ってもらった次に、お客様をどう動かしたいのか。戦略的に設計・運営していくことがこれからもっと必要になります。

「まだよくわからないから、相談したい!」という方は、解析ランチ にお声がけください。以下の書籍も参考になります。

1978年、新潟県南魚沼市生まれ、長岡市在住。夫と子ども2人をこよなく愛す。

教員養成課程を修了して教員免許を取得するも、民間企業に就職して12年近くウェブ制作に関わる。デザインから開発まで、制作業務をトータルでこなすオールラウンダー。

2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月に起業、コスギスとして活動。心理学に基づいたコンテンツ分析と、SNSなども含めた幅広いウェブマーケティング、そしてWordPressでのサイト構築を得意とする。

ウェブ活用の人材を育てる「ウェブ解析士認定講座」や関連セミナーを新潟県内で唯一定期開催。WACAアワードにて 2016年 Best of Best を受賞。2017年 ペライチ公式 新潟県代表サポーター。

初心者向けのWordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)や、ホームページ勉強会を主催。セミナー講師としても活動中。