2018年からのウェブ解析士認定試験対策 問題集は発刊いたしません

はい、ごめんください。コスギスの小杉です。

数年来ウェブ解析士認定試験の対策問題集を発刊していましたが、2018年からの問題集は発刊しないことにいたしました。楽しみに待っていた方には公表が遅くなってしまい、申し訳ありません。

発刊をやめた理由はいくつかあるので、書き連ねておこうと思います。

 

そもそも、問題集を作ろうと思ったのは、「私がつまづいたところを復習して、他の人にもわかりやすく説明できるようにしておきたい」という思いから始まったものです。そして、協会さんに「こういうモノつくったんですが、本チャンとかぶってたらご指摘ください」とチェックしていただき、Kindle にて出版していました。このような経緯で公認はいただいていましたが、協会さんに頼まれてつくったものではありません。

しかし毎年発刊して5年目、つまり昨年から「問題集をつくるのは、私自身が本質から遠ざかっているんじゃないか」という思いに駆られるようになりました。

ウェブ解析士のカリキュラムは毎年更新されていますが、3割くらい変更されている程度の印象です(あくまで感覚値)。ですから、古い問題集でも出題傾向はつかんでいただけると思います。

ちなみに、2017年版の公式テキストは日本語そのものがわかりにくいと言われていましたが、2018年版のテキストは「ものすごく読みやすくなった」と好評です。更に来年にはウェブ解析士のカリキュラムががらりと変わるので、使えるなら今年まででしょう。

 

もしかしたら「3割も違うんじゃ使い物にならない!」って思われたかもしれません。

私はこのように感じてしまう方を、もう生み出したくないのです。講座を受けずに試験勉強にフォーカスさせてしまうのは、本意ではありません。そもそも「試験の出題傾向がわかるだけで、問題集に収録されているものは出題されない」という前提があるのですから。なんとしても合格したいという思いは結構ですが、この資格を取得して次に行うアクションは何でしょう?

つまり、手段が目的化している状態を、自分が作り出していることに耐えられなくなったのです。「勉強したい」というだけのインプットで終わるなら、その時間を別のことに費やしてほしいと思います。個人的には、知識増強なら行動経済学や認知心理学の本の方がオススメです。

昨年からこのことをずっと悩み続けていたところ、以前に合格された方から感謝の言葉をいただくことがありました。「小杉さんの問題集があったから、すごく励みになりました」と。このような方は、問題集があってもなくても合格できている方なんです。ウェブ解析は、知識の習得や解析の経験以上に、主体的に行動し、対象者の気持ちに寄り添える力が必要です。だから、わざわざ私に声をかけてくださるような方々は、解析の素質があるんですよね。

私自身、ウェブ解析士の資格を取得するまではマーケティングのMの字すらわからなかった人間でした。でも、初級ウェブ解析士の資格を取得し、上級で挫折しかけ、マスターで新しい道に進むことができました。たくさんの方のお世話になりました。その「恩送り」のため、私と同じような方の力になりたいという思いが動機でありミッションでした。

ですが、コミュニティへの参加のハードルが少しずつ下がってきたことや、ウェブ解析士の質を高める方針転換に沿って、合格後にコミュニティに参加して得意分野を伸ばしたり、解析の経験を積めるような場ができてきました。

反面、Amazon のレビューにも揚げ足取りという言葉があったように思いますが、そういう問題が実際に出題されていることに対して、苛立ちと矛盾を感じていたのも正直なところです(今年、問題集の手が止まってしまったのはこれも大きいのです)。更に、ウェブ解析士の資格合格がノルマとなっていて、なんとしても合格しないとならないという本末転倒な受講生の話も耳にするようになりました。そんな話を聞くと、「いつか役に立つかわからない知識を詰め込む日本の教育体制」が露呈されているようで、切なくなります。

このような変化の中で、私自信は「ウェブ解析士の資格は無理して取得する必要はないよ」と公言していますし、ウェブ解析士の資格がなくてもウェブ戦略を学べる場づくりに興味が向くようになりました。

問題集のおかげで自信が持てた、という方がいらっしゃったのなら作者冥利に尽きますが、そのような方は、問題集がなくても大丈夫です。むしろ、講師や受講生とたくさん交流して、お互いの強みを共有してください。問題集に頼りたくなるような方は、知識よりもコミュニケーションが必要です。ウェブ解析士認定講座の講師の皆さんが、このような方々をサポートしてくださることを願ってやみません。

 

これまで、問題集をご愛顧いただき、また、ご紹介いただきありがとうございました。「2017年版でもいいからほしい」という声があるため、今年いっぱい公開しておきますが、来年にはすべて撤収します。

ウェブ解析士協会さんは、ウェブ解析士の資格を取得された方々の道を照らそうと躍起になっています。その熱意があふれすぎて、時々首を傾げたくなるときも正直ありますが、間違いなく開かれたコミュニティです。主体的に行動する方を応援する体制ができており、かつ、「自分は誰をどれだけ幸せにするのか」を考えさせられる貴重な場でもあります。ウェブ解析士の資格を取得したら、ぜひ利用し倒してください。

問題集はもう作りませんが、代わりに、ご質問に応じます。「講師に聞いてみたけどわからなかった」という方、微力ながらお手伝い致しますので、お気軽にお問い合わせください。