(初めての)楽しく使える!LINE@講座、やります。

LINE@講座

はい、ごめんください。実は LINE@ もやっているコスギです。

個人で使える LINE とは異なり、LINE@(ラインアット)はビジネス利用可能な LINE で、1:多としてメッセージを友達に一斉配信できるのが大きな特徴です。

そんな LINE@ の講座を、7月29日(金)10時半から、長岡市の大手通にある「いこって足いく」さんで開催します。グループワークを含めた90分程度の講座です。

参考:(7月29日(金))楽しく使えるLINE@講座|【いこって足いく】新潟県長岡市の足育コミュニティサロン

夏休みなので「子どもがいて外出できない・・・」という方でも、ご安心ください。一緒に参加しても良いですし、会場であるいこって足いくのオーナー、さなえさんが遊んでくれますよ。

セミナーの概要

最初の30分くらいは、セミナー形式で。
LINE@ をビジネスやコミュニティで使うための基礎知識から、相手に喜ばれるポイントをレクチャーします。

次の60分くらいで、LINE@ を登録するために必要な内容をグループワークします。
こちらで用意した紙に書き出すので、筆記用具をお持ちください。

LINE@ で使う用語は覚えていただくことになりますが、それ以外のヨコモジはなるべく使いません。

私が講師をやる以上、本に載っていることをなぞっても仕方ないと思っているので、「使い方」よりも「活かし方」に傾倒しています。

そもそも、複数人が集まるセミナーでスマホをちくちくやっていると、個人差をフォローするための時間が経ってしまいますから、全員が一緒にできることをやります。

それでも「わかる人が隣りにいるといないとでは大違いだから、それでもウレシイ!」という方は、セミナー後に個別でフォローいたしますので、何でも相談できる「解析ランチ」に誘ってくださいね。

LINE@ の特徴と、通常の LINE との違い

そもそも LINE@ の特徴がわからないと、なかなか参加しづらいですよね。

セミナーでもおさらいしますが、基本的なところだけでも押さえておくと、ワークの時間に考えやすくなります。

  1. LINE@ は、メルマガ代わりに使える LINE
  2. LINE@ は、相手からの安心感が大きい
  3. LINE@ は、店舗がなくても使える
  4. LINE@ は、Facebook をしていない人にも届きやすい
  5. LINE@ は、無料でも使える

それぞれをサラッと説明しますね。

1. LINE@ は、メルマガ代わりに使える LINE

通常、LINE は友達同士で双方向にメッセージをやりとりしますから、

1:1

という形式が基本です。

LINE@ はメールマガジンと同様に、

1:複数

という形式が基本です。一方通行の発信になるということです。

通常の LINE でも、グループを作って複数人と双方向でメッセージをやりとりすることもできますが、LINE@ は既読されたかどうかすらわかない一方向の配信が基本です。

まずはこの違いを覚えておきましょう。

2. LINE@ は、相手からの安心感が大きい

「1:複数」の一方通行な LINE@ 。

通常の LINE と同様に「友だち追加」してもらい、その複数の「友だち」へ一斉配信します。メールマガジンと似ていますね。

メールマガジンは、登録されているメールアドレスがすべてわかりますが、LINE@ は誰が登録しているのかわかりません

これは意外と大きくて、友だち登録のハードルを下げまくっていますね。

友だち登録をした側から「1:1トーク」をしてお店に問い合わせることで、お店側は初めて相手のことを知ることができます。

この状態になると、通常の LINE 同様、1:1の会話になります。

コスギスの LINE@ は主に「解析ランチ」をご利用いただくために使っていますから、「ランチタイムになんでも相談できるなら、予約してみたいな〜!」と、興味を持たれたら登録してみてください。

スマートフォンの方は以下のボタンから。

コスギスを友だち追加

パソコンの方は、スマートフォンで LINE を起動し、「友だち追加」→「QRコード」で以下のコードを読み取ると追加できます。

コスギスを友だち追加

3. LINE@ は、店舗がなくても使える

さて、LINE@ は飲食店などの店舗で導入されているのを見たことがある方も多いと思いますが、店舗がなくても「一般アカウント」として使うことができます。

店舗がある前提で、一定の基準を満たすと「認証済みアカウント」となることができ、LINE で検索されるようになるなど、集客がしやすくなります。

ただ、突然のアカウント停止ということはありえない話ではないので、一般消費者向けのまっとうなサービスをおこなっていれば問題ありませんが、以下も確認しておくことをオススメします。

参考:ご利用ガイドライン – LINE@の無料アプリで簡単に始めるビジネス向けLINE

このあたりは「よくわからなくてちょっと不安・・・」という部分かと思うので、セミナーで解説しますね。

4. LINE@ は、Facebook をしていない人にも届きやすい

以下は、総務省が公表しているデータです。

図表4-2-2-5 SNSの年代別利用率(カッコ内は実名利用率)

n4202050

引用元:総務省|平成27年版 情報通信白書|SNSの利用率

これを見ると、50代以下は Facebook 利用者を抜いていることがわかります。

若い人は LINE で連絡を取り合っていて、いじめが問題になったりもしているくらい、普及しているのはわかりますよね。

「Facebook はやっていないけど、LINEは子どもの連絡網で使うから・・・」というママさんも多いでしょうし、LINE はゲームやスタンプが充実しているので、エンタテイメントとして使っている背景もありそうです。

集客は Facebook しかしてなくて・・・と悩んでいる方は、LINE@ も検討してみてください。

参考:Facebookで集客?そこに◯◯◯がいるか確かめる3つのポイント – コスギス

5. LINE@ は、無料でも使える

基本的に、無料です。コスギスのアカウントも、今は無料です。

だから、アカウントIDがランダムなものになっています(笑)

お金がかかるのは、

  1. 独自のアカウントIDを持ちたい時(月額200円で年払い)
  2. 友だちが増えたり、たくさんの情報を配信したい時(プラン変更)

くらいですね。

独自のアカウントIDは早い者勝ちなので、LINE@ を運用していきたいのであればオプションとして購入しておくことをオススメします。

飲食店や美容院などの店舗を構えていて、お客様とのやりとりが頻繁になる可能性が高い場合は、プラン変更を検討しておきましょう。

費用や機能の違いは、公式ページをご覧ください。

参考:プラン・料金 – LINE@でファン獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネスLINE

基本情報はこんなところですが、「興味はあるのに・・・読んでみたけどわからない!」という方は、講座でお待ちしています。

お申し込み方法

Facebook をやってらっしゃる方は、以下のイベントから参加表明してお申し込みください。

楽しく使えるline@講座 – Facebook → お陰さまで満員御礼となりました!

今回は行けないけれど、また次回開催して欲しい!という方は、いこって足いくの榎園さなえさんに相談してみてくださいね。

また、人数が集まれば講師も可能ですので、ぜひお声がけください。

LINE@ のこの本、サロンにあるので持って行きますね〜

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?