SEOって何?を8歳の息子に説明してみた。

はじめまして。はい、ごめんください。
利益・感動主義のウェブコンサルタント、小杉です。

今日はここ最近の吸収力が半端ない8歳の息子に、SEO を教えてみました。

365日のワードプレス活用講座、はじめてます

8月から「365日のワードプレス活用講座」という、無料のメール講座を行っています。

ワードプレスの基本的な事は押さえますが、メインは「活用」のための講座です。

そうすると、初心者向けにどうしても外せないのが「SEO(エス・イー・オー)」の話。

以前、こんな事を伺いました。

「ホームページのことを相談したいと思ってるんだけど……せお?とかいうのもよくわからないから、そんな自分でも相談していいのかと思って」

管理できないなら、持たない。という方法を薦めることもできます。

ですが、せっかく「ホームページを持つことがステータス!」という状態から抜けようとしている意欲を、無碍にするわけにもいきません。

ということで、やっぱり知っておきたい「SEO」の話。

知識の乏しい初心者≒8歳の息子 がどこまで理解できるか説明してみました。

息子8歳のスペック

  • 学校でパソコンの操作を習った
  • インターネットは何でもわかる便利なものという認識
  • 好きな動画を iPad の YouTube で閲覧できる → 「検索」できる
  • Android スマホの音声検索を知っている
  • 1年生の文集で将来の夢に「のうか」と書いた
  • 昆虫・植物博士(図鑑大好き)
  • 2チャンネラー(Eテレ大好き)

両親の環境的に「超」初心者とは言いにくいのですが、SEO という言葉を使わずに SEO を説明してみました。

SEO について語る、ウェブコンサルの母と息子8歳の会話。

夕方に撮ったので、カーチャンが非常に投げやり感満載ですが、普段よりテンションが低いだけです…やっぱり動画は撮り慣れないと気が抜けますね……

コスギスの考える SEO の定義

何かを求めている人が任意のキーワードで検索した際、
検索結果の少なくとも1ページ以内に
自分のホームページ(の一部)が表示され、
それをクリックしてページを見た人を満足させられるよう、
内容や環境を最適化すること。

最初の「任意のキーワード」がキーワード選び、

最後の「最適化」が構造化や外部からのリンクなどの要因で、

それ以外は「見た人を満足させられるようなコンテンツ」だと考えています。

つまり、中長期的な視点での構築ですね。

 

8歳の息子には、さすがにホームページの構造化などについては説明できませんでしたが、SEO は小手先のノウハウ以上に、ユーザーありきの考え方が重要、ということが伝わったらいいな、と思います。

この記事を書いた人

小杉 聖

1978年、新潟県南魚沼市生まれ、長岡市在住。
心理学に基づいたコミュニケーション戦略立案、コンテンツ分析、SNSなども含めた幅広いウェブマーケティング、WordPressによるサイト構築が得意。

ウェブ活用の人材を育てる「ウェブ解析士認定講座」や関連セミナーを新潟県内で唯一定期開催。WACAアワードにて 2016年 Best of Best を受賞。

WordPressコミュニティの一員でもあり、毎月、無料の初心者向け勉強会を定期開催。セミナー講師としても活動中。

夫と2人の子どもが大好き。

Facebook / Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします