リファラスパム対策!Google アナリティクスのカスタムセグメントを適用しよう!

はい、ごめんください。小杉です。

先日、日別セッション数が15程度のサイトが、突然10倍のセッション数になっていて、わけがわからないよ!と半日程混乱していたら、どうやら1本の被リンクによって Google に認められた、らしい。ということがありました。

絶壁現象

ちなみに一箇所落ちているのは、ドメインの有効期限を忘れ、慌てて更新したためです。

突然の上昇にはリファラスパムも噛んでるのかと思いましたが、それほど影響はなかったものの、いい機会だったのでリファラスパムの排除をしてみました。

そもそも「リファラスパム」とは?

7c09bc9e5e73177e729fe7df94b9b92d_m

アクセス解析ツールの「参照元」に自らのサイトを表示させることで、アクセス数を稼ごうという手法です。

海外から流行り始めた手法のようで、スパム用のツールも出回っているようですね。

リファラスパムについてはこちらも参考に↓
Google Analyticsユーザーはdarodar .comのリファラスパムにご注意を

ビューの設定で、「ボットのフィルタリング」にチェックを入れておくこともポイントですね。

リファラスパムを、フィルタで排除するか?
カスタムセグメントで排除するか?

どのみちイタチごっこには変わりません。

ただ、フィルタでの排除は蓄積されたデータの表示を変えることができないので、個人的にはカスタムセグメントでスパムを排除して表示することをオススメします。どれだけの期間にどれだけのスパムアクセスがあったかも把握できますから。

ちなみに、先のサイトでリファラスパムのカスタムセグメントを適用すると、こうなりました。

リファラスパムセグメント適用後

青い線がすべてのセッション。オレンジの線が、リファラスパムを排除したセッションです。

リファラスパムの影響は、一時的なものだとわかりますね。全体セッションの2.5%程度でした。

Google アナリティクスの、リファラスパム排除用カスタムセグメントをどうぞ

参考:[見つけ次第更新] リファラースパムリスト Google Analytics – NAVER まとめ

このまとめを参考に、うちに来ていたリファラスパムも含め、カスタムセグメントを作成しました。

https://www.google.com/analytics/web/template?uid=cKcUeW0BSjqg0es-Nj1oMA

★上記は2015年6月25日現在のものです。イベントのスパム除外も一部追加しました。セグメント名は「★アナリティクススパム除外(0625)」となっています。

状況はわかるかと思いますので適用してみてくださいね。
上記のURLをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

ビューの選択

「ビューの選択」で適用したいレポートを選んで、[作成]ボタンをクリックすれば適用されます。

編集画面になってもすでに適用されているので、[キャンセル]をクリックして、レポートを閲覧してみてください。

設定した正規表現は以下のとおりです。

スパムと思われるリファラの影響が少なく、セッションが1件程度なら追加する必要もないかと思われますが、様子を見て適宜編集してみてくださいね。

howtostopreferralspam.eu|непереводимая.рф|wp-doctor.jp|semaltmedia.com|sitevaluation.org|dailyrank.net|100dollars-seo.com|trafficmonetize.org|webmonetizer.net|4webmasters.org|76brighton.co.uk|7makemoneyonline.com|7secretsearch.com|acads.net|acunetix-referrer.com|adcash.com|addons.mozilla.org|adsensewatchdog.com|adviceforum.info|advokateg.com|advokateg.ru|aliexpress.com|amanda-porn.ga|anal-acrobats.hol.es|anticrawler.org|b4.arcadecandy.com|b4.arcadeyum.com|b4.epicplay.com|b4.rivalgaming.com|baixar-musicas-gratis.com|best-seo-offer.com|best-seo-solution.com|bestwebsitesawards.com|biggestplayer.cachefly.net|blackhatworth.com|blogs.forum69.info|box10.com|brakehawk.com|buttons-for-website.com|buttons-for-your-website.com|buy-cheap-online.info|buysellsignals.net|c.brightcove.com|cenokos.ru|cenoval.ru|cityadspix.com|cookinggames.com|curvefever.com|cyprusbuyproperties.com|darodar.com|depositfiles-porn.ga|descargar-musica-gratis.net|econom.co|econom.com|edakgfvwql.ru|etc.com|europages.com.ru|event-tracking.com|fbdownloader.com|filmhill.com|flipline.com|forum20.smailik.org|forum69.info|free-share-buttons.com|free-social-buttons.com|freeinvaders.org|friv10000000.com|games2win.com|generalporn.org|Get-Free-Traffic-Now.com|girlgames.com|gobongo.info|gogy.com|googlsucks.com|guardlink.org|hulfingtonpost.com|humanorightswatch.org|iloveitaly.ro|ilovevitaly.co|ilovevitaly.com|ilovevitaly.info|ilovevitaly.org|ilovevitaly.ru|imasdk.googleapis.com|iminent.com|inbox.com|iskalko.ru|kabbalah-red-bracelets.com|kallery.net|kambasoft.com|Lomb.co|Lombia.co|lumb.co|luxup.ru|makemoneyonline.com|maps.ilovevitaly.com|masterseek.com|meendo-free-traffic.ga|morgansindall.coins.int|myftpupload.com|net.hts.ru|o-o-6-o-o.com|o-o-6-o-o.ru|o-o-8-o-o.com|o-o-8-o-o.ru|offers.bycontext.com|ok.ru|ourmeets.com|paparazzistudios.com.au|player.pureplay.com|pogo.com|pornhub-forum.ga|pornhub-forum.uni.me|powitania.pl|priceg.com|prodvigator.ua|r-e-f-e-r-e-r.com|ranksignals.com|Ranksonic.info|ranksonic.org|rapidgator-porn.ga|resellerclub.com|responsinator.com|roblox.com|s.click.aliexpress.com|s3.misterwhat.com|sanjosestartups.com|savetubevideo.com|screentoolkit.com|search3.openobjects.com|see-your-website-here.com|semalt.com|seoanalyses.com|seoexperimenty.ru|sexyteens.hol.es|shahid.mbc.net|sharebutton.net|sharebutton.org|shopping.ilovevitaly.ru|simple-share-buttons.com|site3.free-share-buttons.com|site5.free-share-buttons.com|slftsdybbg.ru|social-buttons.com|socialseet.ru|srecorder.com|st3.cwl.yahoo.com|star61.de|static.cmptch.com|static1.dmcdn.net|superiends.org|tasteidea.com|tetrisfriends.com|textelle.ee|theguardlan.com|ticimax.com|topblogstories.com|torontoplumbinggroup.com|torture.ml|totaljerkface.com|uglystat.com|vampirestat.com|vds.rightster.com|villainstat.com|vodkoved.ru|waterfallscanopy.com|web.roblox.com|webmaster-traffic.com|websocial.me|windstream.net|ykecwqlixx.ru|yougetsignal.com|youporn-forum.ga|zombiestat.com

参照元のページは、確認のためにどうしてもアクセスしたくなりますよね。できればアクセスしないのが一番なのですが、参照元の情報は非常に参考になるのも事実。ただ、そのサイトにマルウェアが仕込まれていたとしたら、非常に悪質です。

今のところは、それっぽい単語や海外からの参照元には、自己責任でアクセスしましょう。(注意しましょう、と言っても効果的な対策がないのが現状ですから)

こうやって排除できない無料ブログのアクセスは、どれくらいの水増しがあるんでしょうかね……同じくらいなのかな?

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?