世界一やさしいウェブコンサルティングを1700円で受けられる件

Advent 1はい、ごめんください。
新潟のウェブ解析士マスター、小杉です。

若干釣り気味のタイトルですが、WEB解析 Advent Calendar 2013 の12日目の記事です。

参考:
WEB解析 Advent Calendar(Facebook ページ)
WEB解析 Advent Calendar 2013 : ATND

今回もブックレビューですよ。

著者の丸山さんは、まるっとやさしさでできている

世界一やさしいGAの本無料でできる!世界一やさしいGoogle Analytics アクセス解析 入門 を読みました。

著者の丸山耕二さんは、Web担当者Forumで 誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック という連載もされている方です。

それがどれもわかりやすく書かれているので、ウェブ解析のための勉強というよりも、「講座に活かせる部分があるといいな〜」という邪な考えでポチりました。

結果、期待を(良い意味で)大きく裏切られることになったわけですが。
食いっぱぐれやしないかという妙な危機感を煽られたので、あまり紹介したくないというのが本心です(笑)

Google アナリティクスの使い方が書かれているわけではありません

ウェブ解析士もそうですが、アクセス解析を行なっているウェブアナリストは、データとにらめっこしてレポートを書いているわけではありません。ビジネスを伸ばすことが仕事です。要するにコンサルティングです。

この本は、主人公の若い税理士に対するウェブコンサルティングの流れが書かれています。ですので、この記事のタイトルは完全に釣りというわけでもありません。

ウェブコンサルティングというと、ホームページの診断と取られかねないのですが、実際はリアルなビジネスを分析して、目的達成のための手段として便利なウェブを使うという場合がほとんどです。

ですから本の内容も Google アナリティクスの使い方の説明ではなく、「税理士事務所のホームページから成約してもらう」という目的達成のために Google アナリティクス をどうやって使うかというものです。

漫画ではありませんが、人物が際立っているのでさらっと読めますし、読み返しやすい構成になっています。この辺りに著者のやさしさを感じました。

Google アナリティクス以外も押さえられています

ウェブマスターツールや AdWords のキーワードツールなどにも言及しており、非常に実務(コンサルティング)に基づいた内容になっています。

サイト内のことは Google アナリティクスが使えますが、サイト外のことも押さえておかなくてはなりません。そのために必要なツールがいくつかあるのですが、ポイントを絞って紹介されています。

セグメントに対するコラムでも「難しいと言われることが多い」とありましたが、まずはここだけでも使えるようになろう、そしてできることを増やしていこうという姿勢に大きな気づきを得ることができました。

サクセスストーリーの裏に見えた “あるある”

主人公は、若手税理士の「成功たけし」君。そこに突如現れた謎のコンサルタント「満腹太一」氏。(最初はこの名前に引いてしまい、読みにくかったのですが…)

たけし君はプライドが邪魔して知ったかぶりな言動をすることがありますが、徐々に満腹氏のアドバイスに素直に従います。そして幼なじみの女性「綾」さん(苗字は不明?)のサポートもあり、見事ウェブマーケティングを成功させます。

「どうせフィクションでしょ」と思うなかれ、随所に掲載されているデータは信ぴょう性があり(画面は実際のものと思われます)、何より数字が現実的です。

物語はフィクションですが現場を反映しているので、中小企業のウェブ担当者としては自分のことのように思えるのではないでしょうか。「世界一やさしい」というのは、読み“易さ”だけでなく、そのような担当者をとことん想定した“優しさ”からも来ているように思います。

解析よりも大事なこと

第1章のまとめ、35ページの一部を引用させていただきます。実はこの第1章が一番大事で、ここで思考の切り替えができないと、いつまで経っても意味のないホームページを作ることになってしまうかもしれません。

ただ、唯一確実なことがあります。
それは「顧客が気に入らなければ流行らない」ということです。

数値というデータから判断できるのはウェブの大きな魅力です。ただ、データを見てもわからないことはあります。なにせ、画面の向こうにいるのは生身の人間ですから。

だからこそ、データに縛られすぎずに活用していきたいところですね。

コンテンツが大事

本書はアクセス解析をメインにしているため、たけし君が裏で頑張っている内容には強くスポットが当てられていませんが、ブログの記事や必要なページをせっせと増やすことで成功に近づいています。
途中からはコンテンツの制作を一手に引き受けた綾さんが担っていますが、実は結構重要な部分なんですよね。

コンテンツを充実させる前に、集客できない、申し込みにつながらないと嘆いていても仕方ありません。私の思いがそのまま出ているので、ここでも35ページの一部を引用させていただきます。

「コンピューターのことはよくわからないから!」と運営まで丸投げしてしまう人がいます。これはもちろんNGです。ホームページは「お店」であり、運営はオーナーの仕事です。お店であれば、オーナーは売上アップのために様々な努力をするでしょう。ホームページも同様です。

苦手意識を募らせていても仕方ないので、必要なところは覚えていただかなくてはなりません。そして運営には責任をもっていただかなくてはなりません。

ウェブの担当者がいなかったら、オーナーがやるしかないんです。

というわけで、ウェブコンサルなんぞ信じられるか!という方にオススメ

ウェブコンサルティングは、ウェブを通してオーナーの熱意とサービス・商品の価値を認めてもらう、地道なことだと思っています。決して「検索結果を1位にします!」とか「1000人にツイートします!」とかではありません。

アクセス解析入門とありますが、一連のウェブマーケティングを学べる良書です。

紹介されているツールはどれも無料でできるものですから、「コンサルタントに頼んでも金ばっかかかるだけでしょーもない」「でもウェブでどうにかしたい!」と思っている方は必読です。

ウェブの心理戦略家。WordPressの勉強会(WordBench新潟・長岡藩)も主催。顧客の心理と分析を裏付けるデータを元に、心理学に基づいたライティングとWordPressでのサイト構築が得意。新潟県長岡市在住。2013年4月には新潟県で初のウェブ解析士マスターになり、同年6月よりコスギスとして活動。夫と子ども2人をこよなく愛す。おやつはプリン。

どれでシェアする?